北本市立図書館

ログイン
一九四四年の大震災
東海道本線、生死の境 
著者名: 西村 京太郎/著
出版者: 東京:小学館
出版年: 2019年06月
ISBN: 978-4-09-406643-2
その他: 【NDC1】913.6 【サイズ】16cm 【ページ数】214p
【価格】¥570 【ISBN】978-4-09-406643-2
注記: 【版・書誌的来歴注記】2015年刊の加筆改稿
PCサイトで確認

内容紹介

ビル炎上で男の焼死体が発見された。男の名は藤田武。時代は遡り太平洋戦争の末期。武の祖父徳之助とその息子の健太郎は、大地震への警鐘を鳴らそうとするが、国家権力に封殺され…。親子三代にわたる怨念が戦争の闇を暴く。

著者紹介

推理小説家,本名:矢島喜八郎

内容一覧

No タイトル 著者・アーティスト
1 東海道本線、生死の境
2 小学館文庫 に16-13
3 十津川警部シリーズ

蔵書情報

蔵書数:1 予約数:0 貸出可能数:0
貸出中数:1
No 場所(背ラベル) 種別 状態
1 中央 一般文新 (B 913.6 ニ) 文庫新書 貸出中です

ほかのサイトで情報を見る

国立国会図書館リサーチ

© 2019 Kitamoto City Library