このページでは、テレホン・ライブラリーを紹介しています。
0799−24−0024
第1069号・(4月14日〜)「  食育  」

 お元気ですか。こちらは洲本市立図書館です。テレホン・ライブラリー第1070号をお聴きください。
 みなさんは4月19日が「食育の日」であることをご存じでしょうか。食を通した教育「食育」をより深く考え実践する機会にすることを目的に制定されました。そこで今回は「食育」に関する本をご紹介します。
 はじめにご紹介するのは「芦屋の給食」です。5月の茶摘み体験、6月の梅干しづくりなど、年間を通じた体験活動が掲載されています。また、骨をとって食べる練習になるような魚料理を提供したり、絵本に出てくる料理をメニュー化するなど、子どもたちの味覚と心をはぐくむための工夫が紹介されています。その他、小学校で提供されている給食のレシピも紹介されています。
 次にご紹介するのは「子どもと学ぶ日本の伝統食材」です。高野豆腐やこんにゃくなど、日本に古くから伝わる食材が掲載されています。また、切り干し大根やかまぼこなど、加工の過程も写真とともに紹介されていますので、子どもたちにも伝わりやすいのではないでしょうか。お正月のおせち料理や冬至のかぼちゃなど、行事と伝統食材のつながりについても掲載されています。
 「おいしく折ろう食育おりがみ 第二集」には、旬の野菜や果物の折り方が紹介されています。また、白衣を身につけた給食当番の子どもや、給食で使う食器の折り方も掲載されています。
 続いて児童書から2冊ご紹介します。「野菜と栄養素キャラクター図鑑」には、野菜と、その中に含まれる栄養素が掲載されています。それぞれの特徴や、摂取することで期待される効果などが紹介されています。
 「はたけのごちそうなーんだ?くだもの」は、さまざまなくだものの成長する様子が描かれた絵本です。巻末にはくだものを使った料理が紹介されています。

テレホン・ライブラリー、次回更新は4月28日(水曜日)の予定です。
それでは、次号もお楽しみに。ごきげんよう、さようなら。






トップページへ